2009年04月22日

アパートローンの現状

投資用物件もキャッシュで買えれば苦労しません。

金融機関からの融資を受けて購入する人がほとんどでしょうね。

で、最近、各金融機関にアパートローンの打診をしているんですが、これがなかなか厳しい状況です。

担保評価も下がってるし、金融機関自体のアパートローンに対する姿勢も消極的だしとなかなかすんなりと希望額が出てこない。

いろんなところに打診したなかで積極的だと思われる金融機関がオリックス信託銀行。

現状で都市銀行など基本3割自己資金なんですが、オリックスは1割でも融資してくれる可能性があると。

金利は若干高めで3%台ってところでしょうかね。

もちろん属性次第になっちゃうんでしょうけどできるだけ自己資金を抑えて収益物件を購入するときは外せませんな。

あとはHSBC(香港上海銀行)。

預金連動型のアパートローンなので例えば5,000万円借りて2,500万円が口座にあれば2500万円分は金利がかからない仕組みです。

その代わり金利は高い。4%台です。

5000万の借入で2,500万円の預金なら実質金利も半分ということだから2.5%になるわけですな。

まぁ、こちらは自己資金3割必要ということで完全に富裕層向けのアパートローンになりますが・・・

使いようによっては面白い。
posted by realestate-man at 18:19| Comment(65) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。